衣類を資源として生かしきる
完全にエコなリサイクルシステム
「チクマノループ」

これまで、家庭のなかで役目を終えた衣類は、
ゴミとして出されることがほとんどでした。
廃棄された衣類は、燃やされたり埋められたりして
地球環境に大きな負担をかけてきました。

一部の衣類はリユース目的のため、
発展途上国などに送られていましたが、
すべてが活用されているのかは不明です。
また古着が流通しすぎると、その国の繊維産業の発展を阻害し、
雇用の機会を奪うことにもつながります。

しかし、衣類を資源としてリサイクルするシステムを整えることは
とても難しく、これまでなかなか普及してきませんでした。

今回、(株)チクマが確立した“チクマノループ”は
ポリエステルはもちろん、綿100%、さらに混紡品まで
さまざまな衣類を資源に戻し、
他の新しい製品へと生まれ変わらせるシステム。
北九州市との取り組みを契機に、
いま日本全国へ広がろうとしています。
私たちが実現したいのは、古紙やペットボトルと同じように、
衣類もリサイクルが当たり前の世界です。

捨てるのではなく生かすことで、次世代にもつなげていく。
美しくスマートな生きかたを一緒にはじめませんか。

回収リサイクルの仕組み

不要となった衣類等の回収・リサイクルを、
北九州市と、株式会社チクマの関連会社である
株式会社エヌ・シー・エス(株式会社チクマの出資会社)との日本初の官民共同による
「古着回収リサイクル事業」を“チクマノループ”としてスタートいたします。
リサイクル事業に率先して取り組んできた我々だからこそ出来た“チクマノループ”では、
回収した衣類を、破砕・反毛・フェルト加工などを施し再資源化。
自動車内装材をはじめとした様々な製品に再生され、生まれ変わるのです。

チクマノループの流れ